ヒロシマ・ナガサキ  一九四五

​夏の雲は

    忘れない

朗読劇

2022年8月20日 土曜日
開演18:30
(終演20:00予定)
東久留米市立生涯学習センターまろにえホール

2022年夏休み「子どもと大人の体験塾」発表会
主催:NPO法人東久留米市文化協会/後援:東久留米市
舞台協力:夏の雲は忘れない東久留米実行委員会

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
22845634_l.jpg

ごあいさつ

  30年前のことです。東久留米市では平和事業として広島・長崎の原爆被爆者手記の朗読が行われていました。平和や人権を学ぶ機会のほか、地域の子どもと大人が同じ目的のもと協力し、ひとつの作品を作り上げる「多世代の交流」の機会でもありました。出演者には戦争を体験された方もおられ、直接お話を聴くこともありました。 この度NPO法人東久留米市文化協会主催、東久留米市後援で「2022年夏休み 子どもと大人の体験塾」 として、市民による朗読劇「夏の雲は忘れない ヒロシマ・ナガサキ 一九四五」を開催することになりました。朗読指導と演出は文化協会加盟団体の演劇ひろば代表 眞喜志康壮氏によります。

朗読劇「夏の雲は忘れない ヒロシマ・ナガサキ 一九四五」に書かれている被爆者の手記には、戦争を体験していないわたしたちには絶対に想像できない恐怖や絶望に支配された日々が刻まれています。

 2022年の現在、連日「戦争」という言葉がメディアから流れ、戦場の映像を目にします。これらは過去のものではなく、今この瞬間も起こっています。また第二次世界大戦から77年が経ち、戦争を経験された方々の高齢化が進み、戦争を実体験を語り継ぐことが年々難しくなっています。 「今」命のバトンをしっかりと受け継ぎ、多世代で未来の在り方を考え、語り合うことが大切だと思います。

   今回の体験塾には小学2年生から80代まで幅広い世代の市民が参加しています。約30名の出演者が限られた期間で精一杯練習に取り組みます。その成果を皆様にもご覧いただきたく舞台発表を行います。ぜひ足をお運びください。

 

主催 : NPO法人東久留米市文化協会

後援 : 東久留米市

 

ご協力・ご協賛の紹介

特別協賛企業

01-1bnr_brace.jpg

ご協賛

02-1bnr_kiryou.jpg
02-2bnr_kuron.jpg
02-3bnr_onsuke.jpg

東久留米市/サウンドサポート 音助  様

星野 渉 様/富田 隼 様/小野 律子 様/横井 修 様/上田 和俊 様/鈴木 博子 様/山本 久美子 様

酵素玄米カフェcolour 様/多摩漫画コミュニティ図書館
(その他 ご支援の皆様)

舞台協力/展示協力

02-bnr_eh.jpg
02-bnr_ml.jpg
足もみすみちゃん

ご賛同いただき誠にありがとうございます。

 

​引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます

 
24091236_l.jpg
” Peace begins with a Smile”

お知らせ

出演者の皆様へ

練習日程、連絡事項は「出演者ページ」に記載しています。​下記リンクよりご確認ください。

 

お問い合わせ

夏の雲は忘れない東久留米実行委員会

natsukumo.hkrm@gmail.com

「子どもと大人の体験塾」お申込みは
NPO法人東久留米市文化協会

ウェブサイトまでお願いいたします。

また、ご協賛のお申込みにつきましては
ご協賛のお願い ページから
送信をお願いいたします。

観劇はお申込み不要です。
当日会場までお越しください。
※無料/先着順となります。

お問い合わせ内容

送信ありがとうございました